U15クラブ

501stはやる気のあるプレイヤーを求めています

「今」上手い子ではなくても構いません。

「これから」上手くなる子や上手くなりたい子なら誰でも大歓迎

 

 

 

頑張れるプレイヤー、それが501stが目指す理想像です。

 

 

 

 

2019〜2020年の実績

参加大会、試合

ERUTLUC主催EUROリーグ 6月〜10月

埼玉県東部地区大会

埼玉県バスケットボール連盟リーグ戦(SBDL) 秋9月〜11月、冬1月〜3月

合宿

福島県奥会津、茨城県潮来市、群馬県水上町、栃木県那須塩原etc 

年2,3回ほど合宿を実施しています。

交流試合

茨城ロボッツU15ユース

群馬クレインサンダースU15ユース

Bリーグ前座試合

2019年4月7日 

東京エクセレンスvs越谷アルファーズ前座試合

 

 

SBDLについて

 2019年度から始まった、埼玉県が全国に先駆けて行うU15のリーグ戦です。JBA登録している部活、町クラブが入り乱れて試合を行い、1部で優勝したチームはジュニアウインターカップへの出場権を得ることができます。

501stは創立2年目(2020年時点)ながら2部にエントリーしています。埼玉でも上位30チームによるブロックなので、かなりレベルは高かったものの、501st女子は初勝利をあげることができました。

 

501stが目指すバスケットボールの形

強豪と言われる部活やクラブには現時点で「強い」プレイヤーが集まり、大会等で勝利という形で結果を出します。しかしU12やU15の大会で優勝することが本当の成長ではなく、正しいバスケットボールを理解してコートで表現できることが成長だと、501stは考えます。

 

上記の2020年時点での501st男女のプレー動画ですが、各自が「スペーシング」と「ダイブのタイミング」を判断し、形に囚われないプレーをしています(シュートが落ちたのが残念ですw)

ドライブの判断が甘い、まだオフボールマン同士の距離感が甘い等、修正点は多いですが、格上相手に勝負できる瞬間と幾度となく作り出しています。

↑フェネルバフチェというヨーロッパのチームです。正しいスペースと正しいタイミングで確実にイージーなシュートチャンスを作ります。デザインされた美しいプレーです。

 

正しい形、それはコート上で常に正解を選択すること、できること。

 

現状「強い」プレイヤーは正しい選択をしなくても、優れた身体能力や身長で無理やり得点することが可能です。ですが能力に劣るプレイヤーは?現状能力があるプレイヤーがゴリ押しのままトップカテゴリに進んだら?それを正とする日本のバスケットボール(特に男子)が世界で結果を出せてないことで、それが正ではないと証明しています。

 

身体能力に頼らず、常にコートで正解を探せる。このようなバスケットボールの形を、501stはプレイヤーとともに追求していけるチームです。

 

普段の活動

  男子 女子
18:30〜21:00 フリー
フリー 18:30〜21:00
19:00〜21:00 フリー
フリー 19:00〜21:00
不定期で練習あり
練習or試合
練習or試合

金土日は体育館の確保や大会、練習試合の有無で変動します。

少ないと週2回、多いと週5回の活動になります。2019年〜2020年の練習回数実績から、期待値は週4.1回になります(コロナによる活動自粛期間を除く)

 

501stが練習を「毎日」やらない理由があります。

体と時間という資源を大切にしてほしいからです。

スポーツ庁の「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」に「週当たり2日の休業を設ける」とあります。また注釈にて「行き過ぎたスポーツ活動を行うことは、スポーツ外傷・障害やバーンアウトのリスクが高まり、体力・運動能力の向上につながらず、具体的には、休養日を少なくとも1週間に1~2日設けること、さらに、週当たりの活動時間における上限は、16時間未満とすることが望ましい」とあります。

つまり、毎日練習することが成長に繋がるわけではありません。

 

また体の面だけでなく、学業や遊びも大事な要素です。この辺りはブログにて書き殴っていますので、ご一読いただけると幸いです。

 

 

料金、活動場所については問い合わせフォームLINEにて直接お問い合わせください。

安全管理のため活動場所は非公開にしています。