Derric Rose(デリック・ローズ)の体の変化

Featured Video Play Icon 未分類

デリック・ローズ、NBA好きなら確実に知ってる名プレイヤーです。


ローズの経歴 ※Wikipediaより

  • MVP : 2011
  • 3×NBAオールスターゲーム出場 : 2010-2012
  • オールNBAチーム 1stチーム : 2011
  • NBAスキルチャレンジ優勝 : 2009
  • 新人王 : 2009
  • NBAオールルーキーチーム 1stチーム : 2009
  •  


しかし長い間ケガに泣かされた選手でした。

今シーズンに記録した1試合50ptで完全復活したのが嬉しい限りです!


元々、運動能力のお化けみたいなプレイヤーですが、ケガ前とケガ後で様子が全く違います。


比較動画

ケガ前の能力お化け

ケガ後の50ptの試合


ケガ前の方が迫力ある動きをしているように見えます。確かにお化けめいたプレーの数々です。でもケガの連続でした。

車体フレームが歪んだランボルギーニで、200km出せるからと走り続けて問題ないはずがないですよね。

ローズの体は、上半身と下半身が連動できないことで負荷がかかり過ぎ、それでも無理矢理それを動かせる能力があったから、「動くことができてしまった」と思ってます。


日常生活なら多少の歪みは無視できます(それでも歪みは無い方がいいけど)。
でもNBAという環境は日常生活の真逆、プレイヤーにとっては1試合に生死がかかっていると言っても過言ではありません。気の抜けない試合の数々、ボロボロの体でプレーを続け、何度も何度もケガを繰り返す。普通のプレイヤーなら引退です。


でもローズは帰ってきました。体への考え方を変えて。


もう一度ケガ後のローズを見てください。動きがしなやか。ケガしたから前の動きができないんじゃないんです。無理しない範囲でプレーしてるわけでもない(そんな範囲のプレーでNBAで生き残れるわけないし、何より50ptも取れない!)

自分の重心を理解し、全身を繋げてネコのようにしなやかに動く。関節や筋肉に無理なく、それでいて他のNBAのプレイヤーたちをやっつけることのできる能力を備えています。

 


ケガ前の方が迫力がある気がします。でも迫力があるように感じるのは、普通の人ができない(してはいけない)動きを目の当たりにしてるから感じること。


バスケにおいてスキルやスピード、パワーは大事です。でもその体について、どれだけ理解していますか?体への捉え方一つで結果はまるで変わってきます。

 


まだまだバスケは、プレーのベースとなる体へのアプローチは少ない状況です。
ですが(告知!)501st Basketball Clubなら体の使い方を学べます(告知!)

 

ローズの上半身と下半身が連動していないと先ほど書きました。

じゃあどうする?に対する答えを、モイストレッチでは見つけることができます。

 

 

次回のモイストレッチは5/17!今回のテーマは腹をふわふわに。

 

 

これが上半身と下半身の連動の秘訣です。モイストレッチ一番のベースと言っても過言ではありません。
ケガせず、自分の能力を向上させたいプレイヤー、おまちしてます!!

コメント